外国債券購入ガイド

外国債券(外貨建て債券)


外国債券の購入のご案内
楽天証券の外国債券<最新>の販売状況の確認はこちら    
SBI証券の外国債券<最新>の販売状況の確認はこちら


             
外国債券とは、外国政府や企業が発行する外貨建ての債券で、新興国の債券を中心に今非常に売れています!

外貨債券の購入の際は、為替手数料のほかに、外国債券口座管理料3150円ほど取られるところもあります。ネット証券では、管理料が無料ですので口座管理料がかからない証券会社を選ぶのがベストです!

口座管理料無料!外国債券の取り扱い豊富なネット証券
SBI証券 為替手数料が安く、使いやすさに高い評価!管理人のメイン口座として愛用中。 詳細ページ
公式サイト
楽天証券 為替手数料が安い!口座開設キャンペーンで楽天ポイントがもらえます! 詳細ページ
公式サイト 
HS証券 HS証券では、他社で取り扱いのない新興国の債券を取り扱っています! 詳細ページ
公式ページ
 マネックス証券  マネックス証券ならではの外国債券の取り扱い!
口座開設キャンペーン中!最大17200円プレゼント
 詳細ページ
 公式サイト

外債
外国債券(外債)とはどんな商品?
債券発行体、または発行場所、発行通貨などいずれかが外国である債券のことをいいます。一般的に利息が半年ごとに支払われ、満期まで待てば額面が全額戻ってくる利付債と利息相当分が事前に割り引かれた価格で発行され、満期時に額面金額を受け取るゼロクーポン債などがあります。


いくらから購入できる?
額面1000通貨程度

外債の手数料は?
為替手数料がかかります。基本的に外貨MMFの手数料と同じです。
一般的に米ドルなら1米ドルあたり往復1円程度。口座管理料年3150円がかかる場合もあります。


外債の解約方法は?
購入した金融機関でいつでも解約可能。
市場価格で売却になり、投資金額を下回ることもあります。


外債の魅力は?
日本の金利は低金利ですが、外貨建て債券には、
高金利な債券もあります。豪ドル建て債券は、年4%以上の高金利で非常に人気。
締切日を待たずに完売することもあります。



外貨決済サービスがある証券会社がおすすめ!


外債外国債券の償還時に円高になった場合、できれば、円安を待って換金しいたですよね。「為替差損になるから、円安になるまで償還金を外貨で保有したい・・・」といった場合に、外国債券の償還金を外貨MMFに入金し、外貨のまま保有できる「
外貨決済サービス」があります。


外貨決済サービスを利用して、外貨建てMMFから直接購入することも可能です。取扱い中の外貨建て債券を、外貨建てMMFの残高から買付ができます。債券の受渡日に合わせて外貨建てMMFを自動的に解約し、外貨のまま債券を買付するので、為替手数料がかかりません。




外貨MMFは、
為替差益(譲渡差益)が非課税というメリットもあります。つまり、外貨MMFで運用している間に為替差益が生じれば、その分の為替差益が非課税になります。さらに、外貨建てMMFは、毎日決算が行われ、毎月末に再投資されます。
分配金が元本に組み込まれることで複利効果も期待できます。

現在、外貨決済サービスを行っている証券会社は、
SBI証券楽天証券大和証券マネックス証券です。