外国債券の売買取引にかかるコスト・手数料

外国債券の売買取引にかかるコスト・手数料


外債のコスト外国債券の売買取引にかかるコストとして、通常、口座管理料がかかります。1年間に=3150円がかかります。証券会社によっては無料というところもありますので、口座管管理手数料が無料の証券会社で希望の外国債券を探してみるとよいでしょう。

外国債券の売買コストとして、まず、為替手数料がかかります。外国債券は、円を外貨に換えなければなりません。そのコストとして、片道25銭〜50銭のコストがかかります。さらに売買の際には円から外貨に替える際の為替手数料が必要になります。


 外国債券の場合は、既発債を購入したり売却する際の売買委託手数料も必要となります。売買委託手数料は、既発債を購入したり、売却したりするときの手数料です。この手数料は、金融機関によって設定が異なりますがので証券会社に確認をしましょう。一般的には、2500円くらいと思っておくとよいでしょう。


外国債券は、何かと複雑でコストもかかる金融商品です。
だったら外貨MMFの方がいいのでは?と思いますね。外国債券は、外貨MMFよりも運用面でコストが抑えられている分、金利設定が高いというメリットがあります。また、外国債券では、外貨MMFでは運用していないような国や新興国の債券が発行されているのが魅力です。

新興国の通貨に興味がある方は、FXにも目を向けてみられると投資の選択の幅が広がります。FXは、取引通貨が豊富なのも特徴です。米ドル、ポンド、ユーロなど主要国通貨だけでなく、新興国の通貨もとりあつかっています。FXは、金利という形ではなく、スワップといった形で金利に相当するものがつきます。FXの場合は、2カ国間の金利の差がスワップとして支払われます。例えば、日本が0.1%でB国が7.0%だとすると、B国との金利差6.90%が金利分として受け取れる仕組みになっています。為替手数料が外貨MMFや外国債券にくらべ、劇的に安いので、コストの面でFXは非常に有利です。

FXでおすすめなのは、エフエックス・オンライン・ジャパンです。


FXオンラインは、 米ドル、英ポンド、ユーロ、豪ドルに加え マイナー通貨が豊富です。 FXオンラインの取引通貨ペア数は68もあり、種類も豊富なです。


主要の9通貨 といわれる米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル スイスフラン カナダドル 南アフリカランドなどはどのFX会社も一律揃っていますが、 マイナー通貨の取り扱いをしているFX会社は FXオンラインが以外おすすめするFX会社が見当たりません。


シンガポールドル/ 香港ドル/ ノルウェークローネ/ スウェーデンクローナ/ デンマーククローネ/ チェココルナ /ハンガリーフォリント/ メキシコペソ/ トルコリラ /
の取り扱いをしています。個人的には、ブラジルあたりも揃えてほしいところです。
エフエックス・オンライン・ジャパンの公式サイトはこちら