外国債券と比較するとFXの方がコスト面で有利?

FXの方がコスト面で有利?


FXと外国債券
手数料に関しは、FXの方が有利になっています
外国債券の場合、SBI証券や楽天証券は、米ドル手数料片道25銭
FXの場合、米ドルの手数料片道2銭
約10分の1の安さで取引が可能です。

FXの場合は、口座維持手数料や管理手数料、売買手数料は一切かかりません。
また、いつでも通貨を売買できます。注文と同時に即座に取引できる点では、
FXの方が融通のきく金融商品と言えます。


FXの取引単位は、通常は、1万通貨からとなります。
FX会社によっては、1000通貨単位で取引することが可能です。



おすすめは大和証券のダイワFX


大和証券のダイワFXは、売買手数料無料で1000通貨からFXが可能!
外国債券を購入したら、満期まで待つのが基本です。
その間に円高になれば、為替差益を狙いたいといった気持も湧いてくることでしょう。
そいうったチャンスを活かせるのがFXです。


大和証券のダイワFXコストの面にもメリットがありますが
FXでは、チャート機能やテクニカル機能が充実していますので、
外貨で収益を得るチャンスが高まります



それに、大和証券は、実店舗があるという安心感があります。
もし、FXで困ったことがあったら、店舗に行って質問したり、相談したりすることも可能です。ダイワFXは、信頼度抜群で、取引手数料無料!こういった好条件のFX会社は数少ないです。私も現在は、ダイワFXをメインに活用しています。