外国債券を購入する際の為替手数料

外国債券(外債)の為替手数料



外国債券の為替手数料は、外国債券の手数料は外貨MMFと同じと考えてください。
一般的には、1米ドルにつき往復で1円の為替手数料がかかります。SBI証券や楽天証券、HS証券などインターネット専業の証券会社は、為替手数料が往復50銭(片道25銭)で格安となっています。

この手数料は、 証券会社は外国為替市場に準じた為替レート(=仲値)を決め、それに手数料を上乗せたものです。外国債券を購入する場合は仲値プラス50銭(TTS=対顧客電信売相場)で、売却 する場合は仲値マイナス50銭で取引されます。仲値からの差を為替スプレッドといいます。



この為替スフレッドが小さいほど手数料が安いということになります。
仮に10,000ドル分購入したとき、手数料が片道50銭だと為替手数料は、往復10,000円となります。たとえば、ネット証券を利用した場合、片道25銭で往復5000円の為替手数料です。為替スプレッドは、は各証券会社や銀行など金融機関により違いますので、為替手数料の安い証券会社がおすすめです。