外国債券の種類は?

外国債券・外貨建て債券の種類



外貨建て債券と円建て債券


外国債券は「外貨建て債券」と「円建て債券」の二種類に分けることができます。
日本では、発行者、通貨、場所のいずれが外国のものであれば、外国債券といいます。少しややこしいですが、海外の会社が日本で円の債券を発行していても外国債券となるし、日本の会社が海外で日本円で債権を発行していても外国債券ということになります。  


外貨建て債券
払込み、利息、償還金のすべてが外貨で行 なわれる外国債券「外貨建て外債(ストレート債)」外貨建て外債は米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、ポンドといった 外貨で発行され、利息や償還金の支払いも外貨で行なわれため、為替変動リスクが 発生することがあります。

円建て債券
すべてが円建てで行なわれる外国債券「円建て外債」。
円建て外債は元利払いの支払いがすべて円で行なわれるため為替リスクはありません。



外国債券の種類には、「外貨建て外債」、「円建て外債」、「ゼロ・クーポン債」、「ディープ・ディスカウント債」、「デュアル・カレンシー債」、「逆デュアル・カレンシー債」、「ユーロ円債」 などがあります。


外貨建て外債」とは、海外の国や企業が日本国内外で外貨建てで発行する債券をいいます。日本国内で発行される外国債券は「ショーグン債」といわれます。

円建て外債」は、 海外の国や企業が日本国内で円建てで発行する債券のことで、「サムライ債」と 呼ばれている。

ゼロ・クーポン債」は海外の企業が発行する割引債のこと。利払いはありませんが、額面より少ない金額で購入することができ、償還時に額面金額が支払われます。

ディープ・ディスカウント債」は、外国企業などが発行する債券で、元本部分だけ割引さたかたちになっているもので、利払いがあります。  


デュアル・カレンシー債」は、二重通貨で発行される債券のことで、払込みと利息が円で、償還金が外貨で支払われる債券のことです。

逆デュアル・カレンシー債」も二重通貨で発行される債券のことで、払込みと償還が円で利息が外貨で支払われる債券をいいます。


ユー ロ円債」とは日本国内外の企業、国際機関などが、海外の市場で円建てで発行する債券のこ とをいいます。ユーロ円債は「円建て外債」に含まれます。


利付き債と割引債



利付き債とは利息が支払われる債券のことです。多くの外国債券は利率が満期まで固定されています。長期になればなるほど、金利設定は高くなります。利息は年2回に分けて支払われることが多いです。


割引債とはゼロクーポン債とも呼ばれ、満期までの間、利息がまったくない代わりに債券額面金額よりも割り引かれている債券のことです。満期時には額面金額で戻るので、 購入時の金額と額面金額の差額が利息にあたります。

→関連記事
ゼロクーポン債とは